保険適用できる場合もある

包茎手術をすれば、包茎の症状は改善されますし見た目のコンプレックスも解消できます。とはいえ、包茎手術は費用も発生しますので、どれぐらいの金額になるのか気になる人もあるのではないでしょうか。

まず、包茎手術にもいろいろな種類があり、それによって金額も変わってきます。仮性包茎の場合は、自由診療になりますので、すべてが患者負担になります。真性包茎やカントン包茎の場合は保険適用になる例が多く、この場合は患者の負担は大きく抑えられることになります。具体的な金額としては、保険適用の場合は3万円~、自由診療の場合は15万円~ぐらいになるとされています。

包茎手術の金額はどこでも同じではなく、クリニックによっても変わってきますので、複数のクリニックで比較しておくこともおすすめです。より安く包茎手術をする方法としては、クリニックが提供しているキャンペーンに参加する、モニター制度を利用するなどもあります。

支払い方法も確認しよう

包茎手術の具体的な金額は、カウンセリングの際により詳しく知ることができます。提示された金額以外に費用が発生しないかどうかも確かめておくとより安心です。費用の支払い方については、基本は現金払いになります。

包茎手術も治療内容によっては高額になることもありますが、その場合は分割で支払うこともできます。クリニックによって用意されている支払い方法には違いがありますが、多くの場合はクレジットカードに対応しており、好きな支払い方法を選ぶことができます。ローンを組む手間がなく、ポイントが付くことがメリットです。

そのかわり金利はやや高くなることは理解しておきましょう。より低金利で支払うのであれば、メディカルローンの利用も考えたいところです。ローンの組み方については、医療機関でも相談に応じてくれますので、支払いで悩んだときは相談してみてはいかがでしょうか。審査はありますが、低金利なので長期間の支払いでも安心です。

まとめ

包茎手術は、自由診療の場合は全額患者負担になります。症例によっては保険適用で安く治療を受けられる場合もありますので、まずは診察を受けてみましょう。キャンペーンやモニター制度を利用しても治療費を抑えることができます。基本的には現金での支払いになりますが、金額によってはすぐに現金を用意できない場合もあります。そんな場合は、クレジットカードの分割払いやメディカルローンを組むことも考えてみてはいかがでしょうか。