包茎であると、日常生活において様々に問題点が生じます。皮がかぶっているため、湿気などがたまりやすく細菌などの温床となりやすいことです。それに自分が包茎であるということをコンプレックスに感じて、日常生活で自信が持てなかったり積極的になれないなどといったことで悩む人もいます。現在では包茎手術が充実していますので、その点についてきちんと理解しておくことが大切。

自分でも知識を身につけることによって、病院選びなどに集中することができるため、結果的に満足のいく治療が受けられるような可能性も高くなります。金額や方法、それから包茎手術の種類などについて、しっかりと把握しておきましょう。

自分の包茎はどのタイプかをしっかりと理解しておくことが大切

包茎手術を受けようとクリニックを探し始める前に、まずはしっかりと包茎にはどういった種類があるのかといったことを把握しておく必要があります。種類は大きく分けて仮性と真性の2種類になります。仮性包茎というのは日本人で一番多いタイプで、基本的に包皮の先が広くなっているため手を使えばむくことができるタイプの包茎です。

ただしこれにも程度があり、勃起時には自動的にむけてくるタイプと、勃起時でもまだ皮が余っているような状態という人もいます。皮の余り具合によって種類は様々に異なってくるのです。またその内部が大きくなると先っぽが中途半端に広いため、手で剥けなくなってしまうというタイプもあり、これはカントン包茎と言われています。もう一つの真性包茎の方であれば、これは重度の包茎であって一刻も早く手術が必要になります。

これは正常時であっても勃起時であっても、手を使って剥くことができないほど包皮の先が閉じてしまっているような状態です。これですと恥垢などのたまりやすいですし、細菌なども繁殖しやすく非常に危険な病気とみなされています。一刻も早く手術を検討して、少しでもそうしたリスクを減らしていきましょう。

自由診療なのか保険診療なのか

上記のように真性包茎の場合であれば病気とみなされる面もありますので、包茎手術で保険が効く金額が安くなることが多くなっています。もちろんセックスなどにも支障をきたしますし、早期発見早期治療がとても必要になってからということがいえます。

病院の種類としては泌尿器科を受けたり、町の泌尿器科クリニックを受けるなどといったところやや、美容包茎クリニックなどがあります。基本的に皮をむけるようにさせる手術であるため、手術自体にあまり違いがあるというわけではありませんが、環状切開法などが一番スタンダードです。真性包茎は病気と判断されているため、保険がきき費用などもかなり安くなります。

また美容手術とみなされる仮性包茎の手術であれば、自由診療となり費用なども高くなってしまうという可能性もあります。値段が一番安いのは病院の泌尿器科ですが、あまりプライバシーへの配慮もなく、研修医などによる手術を受ける、などといったことにもなりがちです。

美容クリニックであれば、金額が高くなる傾向があるということを押さえておきましょう。手術費用面などを考えるのであれば、病院の泌尿器科がもっとも最適だということが間違いなく言えます。

病院選びで気をつけたいポイントとは

クリニック選び等でとても重要になってくるのは、先生との相性でしょう。まずチェックしたいのは、その病院のホームページを動くチェックしてみる事です。現在ではどのような業種であってもホームページの運営はとても大切な仕事とみなされていますので、ホームページがしっかりと作り込まれていれば仕事に対しても真剣であるという事は間違いなく言えます。

またホームページ内での様々な説明等が分かりやすければ、治療プラン、金額等についての説明もわかりやすい傾向があります。家でもホームページはチェックできるので、まずはしっかりとそういったところから病院の様子等を判断してみると良いでしょう。実際に病院に行った時はカウンセリングの際に先生が自分と相性が合っているかどうか、等といった事をよくチェックしてみる事も大切です。

こちらの要望をきちんと聞いてもらえるかと言った事や治療プラン等についてきちんと説明してくれるか、それから費用等を明確にしてくれるか等といった事をよくチェックしておけば後々後悔してしまうという事が避けられます。さらに包茎手術は1日2日でなく、何回か通わなければいけないケースもありますのでそのような時のためにしっかりと家から通いやすいかどうか等といった事もチェックしておくとより安心して通院する事ができるようになります。

まとめ

以上今回は包茎手術の金額や、その手術方法などについて説明して参りました。一口に包茎手術といっても様々な種類があり、値段もそれぞれ異なってきます。真性包茎であれば保険なども適用されることもあるため、かなり安く手術を受けることができるようになります。常に包皮がかぶっているといったリスクはとても大きく、それだけ危険だという意味でもありますので、一刻も早くクリニックに行くことをお勧めいたします。また仮性包茎の方が誰もコンプレックスや悩みを一つ解消することで、毎日の生活に積極的になれることは間違いないので是非とも手術を受けていきましょう。